歯周病

大切な歯を失ってしまう前に、なるべく抜かない根気強い治療で歯の健康を取り戻しましょう。
歯周病とは

歯周病とは、歯周病原菌による感染症です。歯と歯茎(歯肉)の間に付着した 病原菌が繁殖することによって、歯茎に炎症を引き起こし、それによって腫れや痛み、膿、出血などが生じます。 最初は痛みなどの強い自覚症状がありませんが、徐々に、歯を支える歯槽骨(あごの骨)が溶かされ、歯がグラグラしたり、 歯並びが悪くなるなど、自覚症状が出てきたころには、もうかなり進行していて、いずれは歯を失ってしまいます。 しかし、歯周病に対する認識を高め、歯科医院と患者さんが協力して治療に取り組むことで症状の改善が望めます。

歯周病の症状
歯周病への取り組み
  1. 歯周病は感染症であるため、原因菌を取り除くためには患者さんと私たちが一緒になって 根気強く治療を続けることではじめて改善されます。
  2. 歯周病の症状を抑え安定させるため、それぞれの患者さんに合った歯磨きや生活習慣についてもアドバイスさせていただきます。
  3. 症状を改善させ、できる限り歯を残していける治療をめざします。
歯周病の症状

歯周病は、ほとんど自覚症状がないまま、少しずつ、そして確実に進行していく病気です。 ひとくちに歯周病といっても段階的にさまざまな症状があります。まずは、歯と歯茎(歯肉)の間が炎症を起こす「歯肉炎」になり、 放っておくと歯の支える骨である歯周組織が侵される「歯周炎」へと発展してしまいます。

健康な状態

健康な状態

歯と歯茎の間にすき間(歯周ポケット)がなく、歯茎がきれいなピンク色で引き締まっています。

歯肉炎
(しにくえん)

歯肉炎

プラーク中に含まれる細菌によって歯茎(歯肉)が赤く腫れて炎症を起こしたり、歯みがきで出血したりしますが、 まだ骨は溶けていません。歯の周りの見える部分に歯石が付きはじめています。

軽度歯周炎

軽度歯周炎

歯茎に歯ブラシを当て、動かすと出血することがありますが、痛みがないことがほとんど。 歯の周りの見える部分の歯石がさらに増えていきます。歯を支える、骨が溶けはじめます。

中程度歯周炎

中程度歯周炎

水がしみるようになり、歯茎から出血します。歯茎が腫れたり治ったりをくり返し、歯茎から臭いもします。軽度の歯周炎よりも、歯周ポケットの深いところにまで歯石が付着しています。ほとんどのケースで歯のぐらつきはないものの、歯を支える「歯槽骨」が溶けています。

重度歯周炎

重度歯周炎

歯槽骨が溶かされてしまったことで歯がグラグラしてしまい、噛み合わせるだけでもグラつきます。 歯の周囲を指で押すと膿がにじみ出てくることもあります。このまま放っておくと歯が抜けてしまう恐れがあります

歯周病の治療方法

原因除去治療

プラークコントロール

正しい歯みがきによって歯周病の原因となるプラーク(歯垢)を減らしていくことを、プラークコントロールといいます。 歯科衛生士によるブラッシング指導では、プラークに反応する特殊な液を使って歯を赤く染め出し、磨き残しのない様に、 患者さんに合った歯みがきの仕方を覚えてもらいます。また、通常の歯ブラシや歯間ブラシのほか、小さい毛束で磨きにくい奥歯や、 歯と歯茎のすき間のピンポイント磨きができる「シングルタクトブラシ(ワンタクトブラシ)」や、歯のすき間に詰まった食べかすや プラークをかき出すデンタルフロスなど、便利なデンタルケアのアイテムもお勧めしています。

ラミネートベニア

スケーリング

先が細いかぎ状になったスケーラーと呼ばれる治療機具を使って、歯と歯茎の間に付着したプラーク(歯垢)や歯石を取り除きます。 超音波の振動で歯石を除去する超音波スケーラーもあります。

セスケーリング

スケーリング・ルートプレーニング

スケーリング終了後に、歯の表面のプラーク(歯垢)によって汚染・軟化したセメント質や象牙質を取り除き、表面を硬く滑らかに仕上げます。

スケーリング・ルートプレーニング

PMTC

「PMTC」とは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning (プロフェッショナル・メディカル・ティース・クリーニング)」の略で、毎日の歯みがきでは落としきれない歯の汚れを、 歯科医院の専用機器を用いてきれいにクリーニングします。

PMTC

もしも、かなり重度な歯周病の場合

フラップ手術

歯茎の奥まで歯石が入り込んでいる場合は、感染要因を徹底的に取り除くために、 歯茎を切開して直接目で確認しながら取り除く手術をする場合があります。 原因除去後は縫合し傷の回復を見ながら継続して口の中の環境を整えてゆく治療を続てゆきます。

メンテナンス治療

歯周病治療は治療が完了してからのメンテナンスが重要です。 自宅でしっかりとプラークコントロールをしているつもりでも、人間ですから完璧を継続するのは不可能に近いので、 再び歯周病菌が増える可能性が高くなります。歯科医院で定期的に歯周組織の検査や歯科衛生士による歯のクリーニングを 受けることで安定したお口の状態を保つことができます。

歯周病治療
歯周病危険度チェック

項目に当てはまるものをチェックしてみましょう!※あくまでも目安なので気になることがあれば歯科医院を受診することをお勧めします。

  •   口の中がネバネバする。
  •  口臭が気になる。
  •   歯の間に食べ物がはさまる。
  •   歯が長くなったように見える。
  •   歯茎を押すと血や膿が出る。
  •   硬いものがかめない。
  •   歯をみがいたら血が出る。
  •   冷たいものが歯にしみる。
  •   歯がグラグラする。
  •   白い汚れや歯石が付いている。
  •   歯茎が腫れている。
診断
1~2個以上

歯肉炎か初期の歯周炎かもしれません。自己判断せず、歯科医院で検査を受け、早めの対処が歯の健康を保つことにつながります。

3~5個以上

中程度の歯周炎の疑いがあります。歯周病は自覚症状がなく、知らないうちに進行するので歯科医院の受診をお勧めします。

6個以上

重度の歯周炎の疑いがあります。歯を失ってしまうだけでなく全身の病気へ影響する場合がありますので、すぐに歯科医院で治療を受けましょう。

デンタルIQを高めよう

「デンタルIQ」とは歯に関する知識・教養のことです。日本は、先進国の中でもデンタルIQが特に低く、歯の悪い人が多いといわれています。デンタルIQを上げるためには、自分自身でも「歯の健康」に関心を持ち、お口の状態を把握することが大切です。
当院では初診のお帰りの際に、分かりやすいイラスト付き診断書「お口のチェック」をお渡ししています。診断書にはあなたの「お口の状態」が詳しく書かれており、これを参考にむし歯や歯周病予防などに役立てることが可能となります。 お口の状況を理解し、大切な歯を健康に守っていく環境を一緒につくっていきましょう!